わんちゃんがお家にきたら

わんちゃんがおうちにきたら・・・

もうワンちゃんの名前はお決まりですか?

ワンちゃんは車・飛行機などの移動で疲れているので
お家に来た日はワンちゃん用のお皿に水を用意してゆっくり休ませてあげましょう。
移動中、乗り物酔いでの嘔吐を防止するため朝食を与えない時があります。
お家に着いて1~2時間ゆっくり休ませてからドックフードを与えてください。

はじめて仔犬を飼われる方には「犬のしつけ」や
「仔犬の飼い方」などについて書かれた本を
読む事かインターネットでよく調べる事をおすすめします。


はじめて会った日が肝心です。甘やかしすぎたり、
不安を与えるような事をしたりしないでください。
過度に甘えさせるとこれからのしつけに影響があります。
ないたり吠えたりするからといって、返事をしたり、なでたり、
一緒にベッドで寝たり、おやつやドックフードを与えたり
サークルから出したりすると、犬は「吠えるとなにかしてもらえる」と思って
吠える様になってしまいます。

ストレスに弱い子犬は慣れない環境だと発熱や下痢を起こす場合があります。
落ち着くまでの間はよく様子を見るようにしてください。
また、ワンちゃんはサークルやケージの外にはあまり出たことがありません。
新しい環境に少しずつ慣れるようにしてあげるため、連れてきた初日に
いきなり広い部屋に放すような事はせず
サークルなどの中でゆっくり休ませてあげましょう。
それは、ワンちゃんが安心できる場所を作る事と、
トイレの場所を決める事にもつながっていきます。

わからない事、心配な事などございましたら、お気軽にお電話ください。

また、「元気です。」のメールなどいただけたらとても嬉しいです。

新しく迎えた家族を一生かわいがってあげてくださいね

ワンちゃんを迎える前にそろえておきたい物

□ドッグフード
□サークル、犬用トイレ
□ペットシーツ
□ドックフード用の食器
□お水用の食器か給水器
□タオルかベッド
□ぬいぐるみ等の犬のおもちゃ
□ティッシュペーパー

その他必要な物
□犬用爪切り
□ブラシ、コーム
□耳掃除用綿棒

お家でシャンプーするなら
□犬用シャンプー(リンス)
□ドライヤー
□タオル

あると便利
□ウェットティッシュ又はおしりふき
□犬用おやつ
□消臭剤

お出かけ出来るようになったら

□首輪等
□リード
□ビニール袋等
□キャリーバック等

その他
□デンタルケア用品
□冬はペットヒーター
□夏はクールシート
□洋服、コート、レインコート
□リボン、アクセサリーもかわいいですよ♪

食事
仔犬にはロイヤルカナン ミニべビーとサイエンスダイエット プロ パピーをお湯でふやかし、やわらかくしたものを与えています。
少しずつお湯の量を減らして固めにしていってください。
一回の量は仔犬の顔の大きさくらいが目安となります。 多すぎると消化不良の原因になります。
一日二回、朝・夕に与えてください。
基本は仔犬用のドックフードと新鮮な水で育てましょう。
主食を決める大事な時期ですので、人間の食事やおやつは与えないでください。
ねぎ・玉ねぎ・生姜・香辛料・チョコレートなど中毒を起こしてしまうものもあります。
犬に塩分は必要ありません。

わんちゃんのお部屋とトイレ
わんちゃんに合った大きさのサークルを選び、わんちゃんが落ち着いて過ごせるお部屋をつくってあげましょう。
サークルの中には、ドッグフード用のお皿、お水用のお皿か給水器、トイレシート、犬用ベッドを置きます。 子犬は温度調節ができないため寒いときにはペットヒーターをいれ、 暑いときには涼しい環境を作ってあけてください。
就寝時、外出時のお留守番、食事中はサークルの中で過ごすようにしましょう。 お家に来てすぐの時はほとんどの時間をサークル内で過ごすことになると思います。 トイレは場所を決めてマット、トイレシーツなどを敷き根気よくしつけをしてください。 トイレの場所は変えないでください。 寝起きや食後にもよおす事が多いようです。急に床のにおいをかぎはじめたり、 くるくると同じ場所でまわりはじめたら素早くトイレに連れて行き、上手にできた時は 大げさなくらいに誉めてあげましょう。 叱る時は叩いたりしないでください。 失敗したらすぐに叱ってください。時間がたつと仔犬は何故叱られているのかわかりません。

トイレを済ませてからサークルから出して遊んであげるようにすると、覚えるのが早いように思います。 はじめは失敗も多く、大変ですが、根気よくがんばりましょう。

睡眠
子犬は食べている時、遊んでいる時以外はほとんど寝ています。
元気がない時以外なら寝過ぎの心配はありません。
寝ている子犬は無理に起こさないであげましょう。

グルーミング
月に二回くらいはシャンプーしてあげましょう。
トリミング犬種はカットも必要になるので自分では無理のようなら
トリミングサロンに連れて行ってあげてください。
爪、耳のお手入れも忘れずに。

予防接種など
ワクチンはご希望であれば、5種を\5000でします。
それ以外はお近くの獣医さんでワクチンを接種してください。
ワクチン接種前とワクチン接種後しばらくはあまり外に出さないようにしてください。
フィラリア予防の方法についても獣医さんにご相談ください。

健康管理
元気がない・食欲がない・痩せてきた・鼻水が出る・咳をする・血便が出た・ 下痢が続いている・円形の脱毛ができた・フケが多い・皮膚が赤くなっている・かゆみがある・耳が汚い等 気になる症状がありましたらパピーハウスへ連絡するか お近くの獣医さんでみてもらってください。

☆お問い合わせはお電話でお願い致します。
 運転中やお世話中は電話にでられない時がありますのでしばらくたってから
 再度おかけいただくか、メッセージをお願い致します。

☆ご予約のない場合、何度もお問い合わせをいただいていても、他の方に決まってしまう場合があります。

☆しつけの事や予防接種の事などわからない事がございましたら何でもお答え致します。